This Category : 映画【な・は行】

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『20世紀少年』第1部

2008.10.02 *Thu
9月28、29日の二日間で映画3本観に行っちゃいました(笑)。
レビューが溜まるぅ!!

てなわけで映画レビューが続くかと思いますが、お付き合いくださいませ。

ではまず一本目。『20世紀少年』感想いってみよ!
20世紀少年
監督:堤幸彦
脚本:福田靖、長崎尚志、浦沢直樹、渡辺雄介
原作:浦沢直樹
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士etc...


《あらすじ》
浦沢直樹の同名人気コミックを全3部作で映画化する第1部。監督は「トリック」「明日の記憶」の堤幸彦。世は20世紀末、小学生の頃に遊びで書いた“よげんの書”の内容通りに、世界滅亡の危機が現実に起こりつつあることを知ったケンヂは、かつての仲間を集め世界を救うために立ち上がる。しかし、事件の裏には“ともだち”と呼ばれる謎の存在が……。
(eiga.com)

とにもかくにも漫画とそっくりそのままと言っても過言ではないぐらい、原作に忠実です。
徹底してるなぁとちょっとビックリしたぐらい。
だからこそ、原作を読んでからの方が断然楽しめると思います。
ストーリー的にも時代が錯綜するので、予備知識がないと辛いかも。

3部作の1作目なので、序章ではあるんですが、それでもとても楽しめました。
正直、前に観た『ジャンパー』とかのこけっぷりを思うと、「もう3部作は勘弁してくれ~」とか思ってたんですけど(^^;)、そういうガッカリ感は全然なかったです! ちゃんと、「続きを早く観たい!」と思わせてくれる作品でした。


ではでは、続きは隠しますのでネタバレOKな方だけどうぞ~。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛』

2008.05.27 *Tue
やっぱり映画の感想は観てすぐ書いた方がいいなと気付き始めた今日この頃。
すでに3本ぐらい書きたいレビュー溜まってるし( ̄□ ̄;)。

そんなわけで、今回から早めに書くことにしました。


ナルニア国物語第2章


はい、観てきましたよ! 『ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛』!!
もちろん、カスピアン王子めあてで(笑)。


1作目も観ないで2作目を観るという暴挙に出てしまいましたが、すっごく面白かったです。
もはやカスピアン王子目当てということも忘れて、存分に楽しんでしまいました(笑)。
途中から「あー、1作目観とくべきだった」と後悔までし始めて・・・。

しかし、2作目からでも十分に面白かったです。
2時間半という長さを全然感じさせない、見事なエンターテイメント。

正直、ファンタジー映画は『ロード・オブ・ザ・リング』以外は大したことないよぉ・・・とか生意気なことを思っていたんですが、いやぁファンタジー映画って面白いですね(笑)。やっぱり、壮大な世界観と物語に無条件にワクワクドキドキしてしまうんですよねぇ♪

COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』

2007.10.03 *Wed
楽しみに待っていた続編、やっと観てきました!

近所のマイカルは毎月1日は全作1000円で観られるので、その日に行ってきたんですが、
なんか運動会とかの関係で代休だったようで子供がわんさか・・・。
エレベーター降りた瞬間「うぎゃー!!」と頭抱えましたね(^^;)。

でもメール更新で書いたとおり、危惧した割にはど真ん中を取れたので不幸中の幸い。
しかし、あれほど混んでて、すんなり真ん中が取れるというのもちょっとフクザツだなぁ。
まだ公開からそれほど経ってないのに、10館あるスクリーンの中でかなり小さい方だったし。

なんなのこの扱いは!?ってちょっと誰にともなく腹立ちました。


そんなことはさておき、肝心の感想ですが。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ブレイブストーリー』

2006.07.12 *Wed
現在公開中の映画『ブレイブストーリー』、観てきました!!
朝一番で行ったのでそんなに混んでなくて落ち着いて観れて良かったです(^^)。

映画の方はですね、すんごい良かったです。ほんとに。
ほとんど大泉さんが目当てで行ったようなものだったんですけど、予想以上に感動しました。
アニメは普段全くと言っていいほど観ないので、この作品もきっと大泉さんが出てなければ出会えてなかったわけで・・・。いろんな意味で大泉さんに感謝です!
いやぁ、アニメ作品も良いよなぁと思いました。

宮部みゆきさん原作なんですけど、まだ原作読んでないんですよね。
上、中、下とある作品を2時間の映画にするためにかなりカットした部分があると思うので、
ちゃんと原作も読んで楽しみたいなと思います。

声優陣の皆さんもキャラクターにとても合っていて良かったです。
松たか子さんのワタルはハマってましたね~。
我らが大泉さんが演じるキ・キーマも大活躍で、嬉しかったです♪

すごく考えさせられるメッセージ色の強い作品だと思いました。
キャラは皆魅力的だし、映像は綺麗だし、エンターテインメントとしても純粋に楽しめます。
ぜひ原作を読んで、『ブレイブストーリー』の世界をもっと深く味わいたいですね!!

ちなみに『ブレイブストーリー』公式サイトのブレイブレポートの動画、
ウェンツくんと大泉さんのカンヌ珍道中がかなり笑わせてくれます(笑)。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ネバーランド』

2006.05.16 *Tue
久しぶりにジョニー・デップ主演作品。
『ピーター・パン』誕生の経緯を事実をもとに描いた映画です。

《あらすじ》
1903年ロンドン。劇作家のジェームズ・バリは新作が不評に終わり、気落ちしていた。
ある日、公園を散歩していたジェームズは若い未亡人シルヴィアとその4人の息子たちと出会う。
少年達とすぐに仲良くなったジェームズは、毎日のようにシルヴィア一家と過ごすことになる。
それを知った妻メアリーはジェームズとシルヴィア一家の親交を妬むようになり、少しずつ夫婦の仲は悪化していってしまう。
そんな中、ジェームズは4人の子供達との幸せな時間をもとに、新作劇を書き始めるのだった。

《感想》
久しぶりに物静かで穏やかな映画を観ましたね。最近アクションが続いてたからな。
映像がとても美しく、繊細に描きこまれてて良い作品でした。
雰囲気的には『ビッグ・フィッシュ』に通ずるところがあるかなとちょっと思った。
幻想的なシーンが要所要所で挿入されるとこや、全体的に切ない空気感が漂っているところとか。

『ピーター・パン』の物語は子供の頃大好きで何度も絵本を読んだものだけど、
思えばピーター・パンの誕生についてはまったく知らなかったんですね。
あの物語が出来るのに、こういう背景があったんだと思うと感慨深いものがありました。

ジョニー・デップは、言うまでもなくやっぱり名優ですよね。
作品によってここまで雰囲気変えられるというのは凄いことだと思います。
彼は本当にいろんな種類の映画に出るので、正直好き嫌いが分かれる役柄があるんですけど、この作品のジョニーは好き!
ジェームズ・バリの陽気で少年のような人柄は本当に素敵です。
子供達といつも同じ目線で向き合ってる。
彼だからこそ『ピーター・パン』が書けたんだなと納得させます。

個人的には、ジェームズ家での食卓のシーンが好き。
妻が緊張した雰囲気を作る中、ジェームズは気にせずフザけてて(笑)。
面白いシーンなんだけど、妻との温度差を感じさせる切ないシーンでもあるんですよね。

子役たちもとても良かったです!
特にピーター役のフレディ・ハイモア。一番感受性が強くて、敏感な男の子。
子供なんだけど、必死で大人になろうとしている姿が健気でした。
最後のジェームズとベンチで並んで座ってるシーンは本当に良くて、涙が止まらなかったですね。
長男はジョージだったかな、彼もとてもよかったです。
祖母に大してはっきり主張するシーンは、大人になった瞬間を見れた気がしました。

登場人物それぞれの演技が光っていて、ほんと良い映画でした。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『香港国際警察/NEW POLICE STORY』

2006.05.10 *Wed
久しぶりのジャッキー・チェン主演映画です!
ジャッキーの香港復帰第1作目だそうですね。

《あらすじ》
5人の若者による凶悪な銀行強盗事件が発生。彼らはゲーム感覚で警察官を次々と殺していく。
一味の隠れ家を発見し部下と共に乗り込んだチャン警部だったが、周到な罠に陥り9人の部下は全滅。
一人生き残ったチャンは、自分を責め酒に溺れる日々が続いていた。
事件から1年経ったある日、泥酔したチャンの前にシウホンという若い巡査が現れる。
彼はチャンの相棒に任命されたのだと言う。
シウホンの影響で少しずつ立ち直り始めたチャンは、凶悪な若者グループを逮捕するため再び捜査を開始する。

《感想》
本っ当に良かったです!
久しぶりに良作のアクション映画を観られて幸せです。
映画館に観に行かなかったのを激しく後悔してます(><)。バカだったなぁ。

ストーリーもアクションも素晴らしく、言うことなし文句なし。
前半はショッキングなシーンが多くて、本当に辛くて涙が出てくる感じですね。
感動とかじゃなく純粋に観てるのが辛くて苦しくて泣けてくる。
チャンの部下達が吊り下げられてる一連のシーンは本当に、これでもかってぐらい打ちのめされます。

ジャッキー・チェンはこれまで3枚目の役しか観たこと無かったので、
この映画でのシリアスな演技には驚きました。完全に打ちのめされて苦悩する姿には、胸が締め付けられるようでした。あんなふうに涙を流せる役者さんだったんだなぁ。ほんと、凄かった。
もちろんアクションも素晴らしかったです。
相変わらずありえないことをスタントなしでやってくれるジャッキーには拍手ですね。

しかしこの映画で本っ当に素晴らしかったのが、シウホン役のニコラス・ツェー!!
初めて見たんですが、本当に一気にファンになってしまいました。
なんてカッコイイんだろう。シウホンという役柄と相まって、本当に素敵でした。
シウホンは、すごく良い奴で大好きですね。
チャン警部に対して真正面からぶつかっていき、心底尊敬し慕ってる。真っ直ぐな人。

彼のシーンは印象に残るものばかりです。
チャンとホーイーの間を取り持つべくハッピーバースデーを歌うシーンが個人的にはすごく感動しました。
ジャッキーの演技もまた最高で、良いシーンですね。
アクションもジャッキーに負けないぐらい頑張ってて、がむしゃらに戦う姿がまた、良い!
ああもうなんか、本当に大好きです(^^)。

冷酷なグループのリーダー、ジョー役のダニエル・ウーもすんごく良かったです。
常軌を逸した残酷さと、幼稚さが不気味に混ざっていて、恐さと脆さがよく伝わってきた。
犯人グループの若者たちはみんな、経済的に恵まれてるはずなのに、
大切なものを失ったまま何かが欠落したまま育ってしまった。
彼らがしたことは許されることでは決して無いけど、とてもやるせない気持ちになります。

でもシウホンは、お金も親も失って育ったけれど、ああなった。
犯人たちとシウホンは対照的で、考えさせられます。

とにもかくにも、メッセージ色もありエンターテインメントとしても楽しめて、
すごく感動的でもある。ストーリーは全体的に切なくはあるけど、本当に名作です。
これは是非とも続編を作って欲しいです。もちろんジャッキーとニコラスのコンビで!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ヘルボーイ』

2006.03.03 *Fri
『ブレイド2』などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督作品。
主演は『エイリアン4』や『ロスト・チルドレン』などのロン・パールマン!
久しぶりのヒーローアクションものです♪
 
《あらすじ》
第二次世界大戦中、不利な状況にあったナチスは妖僧ラスプーチンと手を組み、
冥界の扉を開いて邪悪な神を召喚しようとしていた。
しかし儀式の真っ只中でアメリカ軍が急襲。ラスプーチンは冥界へと吸い込まれ、入れ替わるように真っ赤な猿のような生き物が飛び出してきた・・・。
現在、彼は人間で言うなら二十歳に成長し“ヘルボーイ”と呼ばれており、
超常現象調査防衛局のエージェントとして魔物退治を行っている。
そして、冥界に飲み込まれたはずのラスプーチンが再び目覚めようとしていた・・・。

《感想》
なんとなく気になってはいながらもパッケージを見るとどうにも面白くなさそうで、借りるのを躊躇っておりました。
思い切って借りて観てみたところ、これが意外や意外、面白いじゃあないですか!
いやほんと、ビックリしました。本当に面白かった。個人的にはかなり好きかも(^^)。

雰囲気は『X-MEN』に似てるかも。B級の『X-MEN』みたいな感じ(笑)。
なんかこっちの方が好きですね~。全然カッコつけようとしてないところが微笑ましくて。

そうなんです、ホントに主人公カッコ良くないんです。
ゴツゴツした真っ赤な身体にゴリラ顔に、変な角生えてるしチョンマゲだし・・・。
斬新すぎるデザインです。
見慣れたらカッコよくなってくるかなぁと思いながらずーっと観てたけど、
最後まで「キャー!カッコイイ!!」とはなれなかったです(笑)。
でもすごく愛着が湧くキャラクターです。人間味溢れてて、無愛想で不器用で。
カワイイやつなんですよ~。猫好きという共通点があるしね! 親近感沸くよ(ほんとか!?)。

ヘルボーイ以上にすっごく好きになったキャラが、半漁人のエイブです。
一目惚れに近かったですね(笑)。登場シーンからもう、なんて癒し系なんだ!と。
地上ではなかなかカッコイイですしねぇ。
彼がピンチになるシーンが、この映画中で一番手に汗握りましたね。

あと素晴らしかったのが敵側のクロエネン。
鉄で出来たマスクに、変わった鎧を着けていて、剣を振り回す姿にかなりシビれます。
何気に一番印象に残ってるかも。

数少ない人間、ジョンも良い味出してました。ヘルボーイとの凸凹コンビがもっと観たかったです。

映像的には迫力あるシーンがたくさんあって、退屈させないし、
ストーリーもよく分からないところはありつつ、全然気にならないぐらいのパワーがあるし、
アクションあり恋あり笑いありで、とても楽しい映画でした。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。