This Archive : 2005年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

フレディVSジェイソン

2005.05.31 *Tue
兄にオススメされたので、ホラー映画は苦手なくせに観てしまいました。

《あらすじ》
『13日の金曜日』、『エルム街の悪夢』。ホラー映画の中で誰もが知ってる人気シリーズ。
ジェイソンとフレディ、2大スターの共演がついに実現した映画。

フレディが起こした連続殺人事件から10年。
若者達の間でもフレディの存在は忘れ去られていた。
人々の恐怖心により力を得るフレディは、自分の存在をもう一度思い出させるために、
殺人鬼ジェイソンを利用することにする。
ジェイソンに人殺しをさせ、それを自分の仕業だと思わせ恐怖心を煽る。
計画通り、フレディは復活を果たすことができるのか?


《感想》
こういう、人気のあるキャラクターの共演映画って、内容にはあんま期待できない場合が多いと思うんですが、これは面白かったですね~。フレディファン、ジェイソンファン、どちらも納得いく作品だったんじゃないかなと思います。
ムリヤリな展開じゃなく、ちゃんと辻褄があってるストーリー展開でした。

しかし、やっぱり気分悪くなりましたなぁ。
ホラー映画苦手な人にはキツいです。血の量、ハンパじゃない。
見慣れてる人にとっては、全然気にならないんだろうけど、ウソっぽいし。
赤い液体ってだけで気持ち悪くなっちゃう人はどうしようもないね。

ジェイソンとフレディ、わたしはどちらかというとジェイソンの方が好きだ。
ジェイソンの標的になる人間って、どいつもこいつもバカな若者で、あんまり同情できない(笑)。
対してフレディの標的は、子供だからねぇ。悪質度ではフレディが勝つ。
しかも夢の中で殺すって、卑怯だよぉ。その点ジェイソンは正々堂々としてます。
って、べつにジェイソンファンでもないのになに褒めてんだ。

ジェイソンとフレディのバトルは、なかなかの迫力でした。
ぼろぼろにやられるジェイソンを見てると、やっぱり「ジェイソンがんばれ!」
って応援したくなるのなんでだろう。弱いやつを応援したくなるんだよね(笑)。
最後の最後のジェイソンの一撃! あれはカッコ良かったですねぇ。

ホラー好き、ジェイソン、フレディファンにはたまらない映画だと思いますね!
ストーリーの流れもキレイにまとまってる感じだし。
でもわたしはやっぱホラーはダメだ! ああ吐き気する・・・(^^;)。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『猫物語』-ジェイムズ・ヘリオット

2005.05.26 *Thu
しばらく読書をしない日々が続いてましたが、数日前からまた読書はじめました!
そして、『猫物語』を読み終わりました~。
では感想文いってみよ!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

パンチドランク・ラブ

2005.05.24 *Tue
アクションやサスペンスが続いてたので、久々に泣ける感じの映画が観たかったので、
滅多に観ないラブストーリーをチョイス。TSUTAYAの心に残る一本のところにあった映画です。

《あらすじ》
舞台はロサンゼルスのサン・フェルナンド・バレー。
バリー・イーガンはそこの倉庫街で、トイレの詰まりをギュッポン!と取る道具をホテル向けに売っている。
気の強い姉を7人も持つ彼は、時々いきなりキレたり泣き出したり情緒不安定気味。
そんな彼の最近の関心事は、あるメーカーの食品を買ってマイレージを貯めてタダで飛行機に乗ることだ。

ある日、彼の前に一人の女性が現れる。
姉の同僚だという女性リナは、バリーの写真を見て一目惚れしたという。バリーとリナの恋の行方は・・・?

《感想》
ものすごく独特の雰囲気の映画で、絶対イタリアとかそこらへんの国の映画だと思ってたんです。
そしたらアメリカ映画で、びっくりしました。というか英語だって気づけよって感じですけど。

いやでもほんと、すごく変わってるんです。
変わってるとか独特とか、わたしが豪語する時は、それ以外に感想が思いつかないときです・・・。
だってヘンな映画なんだもん!

オープニングからしてすごく変わってて、早朝の道路を猛スピードで車が走ってきたかと思ったら、
主人公の目の前でいきなり大爆発する。
それはほんとに単なる早朝に起こった事故というだけで、その後映画の展開には何の関係もない。
しかし、こちとらほんわかしたラブストーリーだと思って観てるわけだから、
突然の爆発に猛烈にビビるわけです。ほんと、テレビの前で座ったまま3センチぐらい飛び上がりました。
・・・なるほど、確かにパンチの効いてるラブストーリーってわけだ。
 
登場人物もかなり変わり者で、群を抜いてヘンなのが主人公のバリー・イーガン。
姉に過去の自分の話をされると、突如キレてガラスを粉々にするし、泣き出す。
最初見たときは、「コワ~・・・」と思ったんですけど、
でもだんだんとバリーの気持ちもわかってきちゃうんですねぇ。
あの姉たちを見てると、キレたくもなるだろうなぁと。
マシンガンのように喋りまくり、人の話は聞かず、昔話をしては笑いの種にする。

あの姉たちを見てると、ちょっとうちの親戚のおばさんたちを連想したんですよね(^^;)。
「あああ、これが7人はキツイわ。わたしもガラス割るわ」と、妙にバリーに共感できちゃった。
リナとのデート中にまで姉の話が出た時、トイレで暴れるバリーを観てたら、カワイソウやら面白いやらで、泣き笑いみたいな状態。

そんなバリーを、リナの存在が変えていくんですよね。
二人の恋は、とても自然体で微笑ましかったです。
リナを守るため、悪者を一撃で倒していくバリーを見て、この人こんな強かったんか!って新たな驚きです。
でも普段は絶対他者を傷つけようとはしない、その優しさも感じましたね。
だから普段はものに当たっちゃうんだろうけど・・・。
 
あら、書き始める前は「この映画、感想書けるかなぁ?」ってすごい心配だったんですけど、なんか結構書いてますね(笑)。でもね、そんなに好きな映画ではなかったです。
ああ、あんまり好きじゃないからこそ、気軽に書けるのかなぁ。
好きすぎると、かえって文章に表せない時ってあるもんな。

こういう独特の雰囲気の映画って、たいていわたしは苦手なんですけど、こういう作風の映画を「好き!」って言える人って、なんか映画通って感じで羨ましいですねぇ。
えっと、とにかくちょっとヘンテコなラブストーリーを観たいという人にオススメです。
あ、でも恋の経験がある大人が観ると、もっと感動があるんだろうなとも思います。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ヴァン・ヘルシング

2005.05.16 *Mon
劇場に映画を観に行くのはすっごく久しぶりでした。
たしか前行ったのが『カンフーハッスル』だったから、ありゃほんとに久々だぁ。
窓口でチケット買うのに、いつも以上に緊張しちゃった(^^;)。

公開真っ只中なので、ネタバレなんて死んでもできないですが、面白かったのは確かです!
銃撃戦があったり、カーチェイスがあったりのアクションも良いけれど、
クールな頭脳戦というのも良いな~と思いました。

ユースケ・サンタマリアさん本人が「主役に華がない」なんて仰ってましたが、
そんなそんな、しっかりと主役を演じてくれてましたよ~。
ユースケさんの声って交渉人という役にピッタリだなぁと感じました。
うん、とてもカッコ良かったです。
他の脇を固める俳優さんたちも、國村準さんを筆頭に味わいのある方ばかりでした。
あと、クモの迫力は是非是非、映画館の大スクリーンで味わって欲しいですねぇ。
コミカルな部分や、シリーズのファンへの小ネタもきちんとあります(^^)。


新作映画の予告編で、興味が湧いた作品が2本。
まず『戦国自衛隊1549』。江口洋介さんが主演だからという理由だけなんですが(^^;)。
タイムスリップと織田信長ってなんか、ゲームの鬼武者3を連想させるなぁ。
全く関係ないだろうけど。ちょっと面白そう。
あと、『星になった少年』。絶対ぼろぼろ泣いちゃいそうです。
製作が今日観た『交渉人~』や『踊る~』シリーズの亀山千広さんなんですね。

残念ながら予告編は無かったけれど、『バットマン ビギンズ』も絶対観に行きたいし。
ああ、どうしよう~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

交渉人 真下正義

2005.05.15 *Sun
劇場に映画を観に行くのはすっごく久しぶりでした。
たしか前行ったのが『カンフーハッスル』だったから、ありゃほんとに久々だぁ。
窓口でチケット買うのに、いつも以上に緊張しちゃった(^^;)。

公開真っ只中なので、ネタバレなんて死んでもできないですが、面白かったのは確かです!
銃撃戦があったり、カーチェイスがあったりのアクションも良いけれど、
クールな頭脳戦というのも良いな~と思いました。

ユースケ・サンタマリアさん本人が「主役に華がない」なんて仰ってましたが、
そんなそんな、しっかりと主役を演じてくれてましたよ~。
ユースケさんの声って交渉人という役にピッタリだなぁと感じました。
うん、とてもカッコ良かったです。
他の脇を固める俳優さんたちも、國村準さんを筆頭に味わいのある方ばかりでした。
あと、クモの迫力は是非是非、映画館の大スクリーンで味わって欲しいですねぇ。
コミカルな部分や、シリーズのファンへの小ネタもきちんとあります(^^)。


新作映画の予告編で、興味が湧いた作品が2本。
まず『戦国自衛隊1549』。江口洋介さんが主演だからという理由だけなんですが(^^;)。
タイムスリップと織田信長ってなんか、ゲームの鬼武者3を連想させるなぁ。
全く関係ないだろうけど。ちょっと面白そう。
あと、『星になった少年』。絶対ぼろぼろ泣いちゃいそうです。
製作が今日観た『交渉人~』や『踊る~』シリーズの亀山千広さんなんですね。

残念ながら予告編は無かったけれど、『バットマン ビギンズ』も絶対観に行きたいし。
ああ、どうしよう~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
25
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

04 ≪│2005/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。