スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『ビッグ・フィッシュ』

2005.07.03 *Sun
『バットマン』や『シザーハンズ』などの監督、ティム・バートンの作品です。
主演はユアン・マクレガー。

《あらすじ》
出産間近の愛する妻と幸せに暮らすウィル・ブルーム。
ある日、彼は父親の病気が悪化したことを知らされ、妻と共に実家に戻ることにする。
ウィルの父、エドワードは自分の人生を幻想的な作り話にして人に聞かせるのが得意だった。
しかし、子供時代には父の作り話を喜んで聴いていたウィルも、真実を語らない父に嫌気が差し、父子の関係は悪くなっているのだった。

《感想》
ティム・バートンって人は、凄いなぁ! と改めて感じた映画でした。
なんというか、想像力がすごい。
とにかくねぇ、ロマンチックでファンタジーな映画です。映像がとてもキレイ。

とくに素適だなぁと思ったシーンは、やっぱり若き日のエドワードがサンドラに告白するシーンですね。
画面いっぱいに水仙の花が咲き乱れて、ものすごく幻想的で美しいシーンでした。
あんなふうに真正面から告白されるなんて、ほんとにあったらなんて幸せなんだろう!!

本当にお伽話を見ているようで、不思議な気持ちになってきます。

でも、現在のウィルとエドワードとの関係や感情もきちんと描かれてるんですよね。
ウィルにはすごく感情移入できたなぁ。
人生をあんなふうにロマンチックに楽しく語れるエドワードは素適だけれど、
息子として「本当のことを言ってくれよ!」って思う気持ちはすごくわかる。

でもウィルは、だんだんとエドワードことを理解していくんですよね。
最後の方の病院でのシーンは、もうすごく泣けました。感動しました。

俳優陣も良かったですねぇ!
そんなにパッとする人はいないけど、どの人もこの映画にすごく合ってた。
とくにウィル役の人が良かったなぁ。
ユアン・マクレガーはこの映画で初めて観たんですけど、他の作品も観たくなりました!

エンディングは、とっても幸せな気持ちになれましたね~。
エドワードのように人生を生きれたら、どんなに幸せだろう。
う~む、ティム・バートンって本当に凄い監督さんだぁ。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。