スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『ペイチェック消された記憶』

2005.07.12 *Tue
わたしのお気に入り映画の1つである『デアデビル』のベン・アフレック主演です!
ずーっと旧作になるのを待ち続け、やっと観れました(笑)。しかもDVDで!

《あらすじ》
コンピューター・エンジニアであるマイケル・ジェニングスは、企業と契約を結んでは、
極秘プロジェクトに協力し、その間の記憶を消す代わりに高額の報酬を得ていた。
ある日、彼は大企業オールコム社から報酬9200万ドルという大仕事を依頼される。
しかし、その仕事に参加すれば3年間の記憶を消されなければならないのだった。

・・・3年後、彼を待っていたのは報酬ではなく、19個のガラクタ。
そして彼は、記憶の無い3年間のせいで命を狙われることになるのだった。

《感想》
『M:I-2』のジョン・ウー監督ということで、正直ストーリーにはあまり期待してなかったのですが、思ってたよりも楽しめました。

3年分の記憶だけが消され、全く身に覚えのないことで、いきなり追われる羽目になる。
考えてみると相当恐いです。3年の間に自分はなにをやってしまったのか?
自分がしたことが、自分で分からないというのは凄く恐いなぁ。

そんなふうに、だんだんと自分の置かれている状況に混乱し始めるマイケル。
ベン・アフレックの動きや表情から、マイケルの動揺がすごい伝わってきました。

意味不明のダラクタ19個が、それぞれの場面で役に立っていく流れは面白かったです。
記憶が消される前の自分が、消された後の自分のために送ったガラクタ。
自分で自分に助けられる。なんだか変な感じで面白かったですねぇ。ガラクタの使い方も巧かった。

ジョン・ウー監督はあまりCGを多用したくない人のようで、
生のアクションやカーチェイスは迫力あって、良かったです。やっぱり生がいいですねぇ。
ベン・アフレックのバイクテクとか、アクションとか、カッコ良かったです。

マイケルの恋人役のユマ・サーマン。
彼女は『キル・ビル』で有名になったけど、まだ観てないので今回が初めてでした。
綺麗な人です! クールビューティーって感じ。科学者姿も似合ってました。
ただ、ちょっと細すぎるかな?
ベン・アフレックがもうちょい痩せて、彼女がもうちょい太ればちょうどいい感じなんだけど(笑)。

DVDで観たので、もうひとつのエンディングも観れたんですけど、ん~、なんか別にどっちゃでもええよという(爆)。正規のエンディングは、最後のくだりが別にいらなかったんじゃ?と思うんだけど・・・。

深く残るものはさほど無いけれど、娯楽作品として楽しめる映画でした。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。