スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

2006.11.21 *Tue
やっと、観れました。
放送をずっとずっと心待ちにしておりました。
とにかく、放送されたこと自体がとても嬉しい。幸せです。

さて、率直な感想ですが・・・本当に、本っっっ当に素敵な作品でした!!!
大きく大きく膨らんでいた期待を、まったく裏切らずむしろ期待を上回っていました。
なんだろう、あまりこのドラマに多くの言葉は必要ない気がする。
というか上手く言い表せないや。この感動は。
とにかく素晴らしかった。たくさんの愛情と温かさに溢れていました。

もしも今、実家暮らしじゃなかったら、即行で実家に帰りたくなっただろうなぁと思う。

母親というのは本当に、ただ母親というだけで、ただそこにいるというだけで偉大なんだと。
なんなんだろう、この“母親”にしかないぬくもりは。
特にオカンのぬくもりときたら、誰にでも無条件で注がれるから凄いよ。本当に。

母親の大切さ偉大さ、家族の在り方、いろんなことを教えてもらえました。


さてさて、わたしとしてはやっぱり大泉洋さんの演技を本当に楽しみにしていたのですが。
失礼ながら、洋ちゃんいつの間にこんなに演技派になっていたの!?と驚きました。
いや本当に失礼な物言いですいません(^^;)。
でもね、すごかったよ、大泉さん。あなたの演技はホントに素晴らしかった。

もうね、泣いたよ。泣きまくりましたよ。
オカンの優しさに。ボクの優しさに。最後はもう、画面が見えなくなるぐらいでした。

オトンの存在も、オカンにとっては大切だったんだろうなぁ。
わたしにはまだ2人の愛はよく分からなかったけど。
でもオトンのことを肉の高級なところに例えるオカンの言葉で、なんとく分かった気がする。

きゅうりのぬか漬けを食べ続けるオトンの姿が、なんとも言えず、涙が出ました。


いやはや、結局なんだかんだと長々書いちゃいましたが(^^;)、
とにもかくにも素敵な作品でした。待ってる大勢の人々のために、寝る間も惜しんで一生懸命頑張ってくださったスタッフ、キャストの皆さんにありがとうを言いたいです。

そしてやっぱり大泉さんに、素晴らしいボクを演じてくれて、ありがとう。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。