スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『猫物語』-ジェイムズ・ヘリオット

2005.05.26 *Thu
しばらく読書をしない日々が続いてましたが、数日前からまた読書はじめました!
そして、『猫物語』を読み終わりました~。
では感想文いってみよ!
《あらすじ》
ノース・ヨークシャーのサースク(作中のダロウビー)という田舎町で
獣医をしていたドクター・ヘリオットと、数々の猫たちとの出逢いを描いた物語。
お菓子屋で堂々と店番をするアルフレッド、人が集まる集会に参加するのが趣味のオスカー、
とびきり逃げ足の速いボリス、などなど魅力的な猫たちの話しがたくさん描かれています。

《感想》
猫好きにはたまらない一冊でした。本当に、良い本でした(^^)。
冒頭の作者のメッセージを読んで、すぐにドクター・ヘリオットという人が大好きになりました。
猫たちに深くて純粋な愛情をもっていて、猫が好きで好きでたまらないという彼の人柄に、
すごく親近感が湧いてそんな彼の愛情が詰まった物語に引き込まれました。

ヘリオット先生や奥さんのヘレンさんの素晴らしいところは、
猫たちとの距離感をちゃんとわきまえて接しているところ。
人間の思い通りにして可愛がるのじゃなく、猫には猫の生き方があって、
踏み込んじゃいけない境界線があることを認めてる上で、深い深い愛情を持って接してる。
その優しさと、誠実さにすごく感動しました。

猫という動物は、身勝手で無愛想で人見知りだというイメージがあると思うんですけど、この物語に出てくる猫たちを見ているとそのイメージが勝手な思い込みだということを改めて感じましたねぇ。
ヘリオット先生が書いてるように、猫は深い愛情には深い愛情をもって応えてくれる。
物語の中の登場人物は、飼い主と猫というより、本当に心が通じ合っている友のように接していてすっごく愛情を感じました。なんだかあったか~い気持ちになりますね(^^)。

登場する猫たちは、みんなそれぞれ性格が違ってて、みんなとても魅力的で。
猫ってほんっっっとに可愛い!ってつくづく思います。
特にお気に入りの物語は、フリスクとエミリーとオリー&ジニーのお話。
どれもちょっぴり切なくて、人と猫って本当に堅い絆で結ばれてるんだなぁと、じ~んとくる話です。
とくにフリスクとディックさんの話には涙が出ましたねぇ。

とにかく、猫たちはもちろん、登場する人々もみんな本当に温かくて魅力的です。
田舎の緑豊かな、のどかな風景も相まって、ほんわかと温かい気分になれます。

本が売れてテレビの評判が良くっても、生活をいっさい変えようとしなかったドクター・ヘリオット。
彼にとっては田舎の小さな家で奥さんと大好きな猫たちと生活することが、一番の幸せだったんですね。
1995年に亡くなるまで、彼はとっても幸せで、いっぱいの愛情の中で獣医さんをやり続けた。
本当に素敵な人だと思います。
彼のような獣医さんが世界中にいてくれれば、動物たちはもちろん、たくさんの人が幸せになれるだろうなと思います。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。