スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『深夜特急』-沢木耕太郎

2005.06.15 *Wed
今日ではないのだけど、沢木耕太郎さんの『深夜特急』第1巻を読みました。
だいたいミステリーとかそういうのばかり読んでいたので、
こういう旅エッセイを読むのは今回が初めてでした。
楽しめるかなぁ? とちょっぴり心配だったのですが、そんな心配無用でした!
それでは感想を書いちゃいましょー。
《あらすじ》
26歳の“私”はある日、仕事を投げ出して旅に出た。
持ち物は1500ドルのトラベラーズ・チェックと400ドルの現金のみ。
目的地も手段もはっきりとは決めず、まさに行き当たりばったりの旅だ。

毎日が祭りのような香港を歩き回り、マカオでは“大小”という博打に魅せられるのだった・・・。


《感想》
まず第1巻は、香港からマカオまでの道中が描かれています。
沢木さんの文章は、本当にリアルで、自分がその土地にいるかのような気持ちにさせてくれます。
香港のいろんな香辛料の混ざった強烈な匂いを感じ、何千と並ぶ屋台の風景が目に浮かびます。

香港の人々との交流は、読んでいて本当に楽しかったですねぇ。
特に、筆談で意味が結構通じてしまうこととか、「へぇ、そうなのかぁ。」って思いました。
少年少女たちとのやりとりがすごくほのぼのしていて、言葉は通じなくても伝えたいことって通じるんだなぁって、感動しちゃった。

マカオは、カジノでの話がメインなんで、ずーっとハラハラドキドキでした。
“大小”というサイコロを使った博打。確かに読んでても面白そうで、
ギャンブルって恐ろし~! とぞっとしました(^^;)。
まさにギャンブルの天国と地獄を味わえましたねぇ。ほとんどの場合が地獄行きだと思うけど。
「もうやめといたほうが良いって沢木さん!」って何度思ったことか(笑)。

いや~、こんなにものめり込める本だとは思ってなかったですねぇ。
ぐいぐい引き込まれていっちゃいます。これ読んで、旅に出たくなった人いっぱいいるだろうな。
これからまだまだ長く続く旅。6巻まで読むのがとても楽しみです(^^)。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。