スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『ボーン・スプレマシー』

2005.10.07 *Fri
メタルギアばっかやってて、映画の感想書くの忘れてました(^^;)。
この映画ただでさえ難しいのに、観てからだいぶ時間経っちゃった・・・。
ちゃんと覚えてるのか~??(汗)

《あらすじ》
記憶を失くし、わけも分からないまま追われ続けたあの事件から2年。
ジェイソン・ボーンは、インドで愛するマリーとの静かな生活を送っていた。
しかし、ベルリンでCIA諜報員パメラ・ランディの指揮する作戦が何者かに妨害された。
そして現場に残された指紋は、ジェイソン・ボーンのものだったのだ・・・。

《感想》
前作では、ただただカッコ良かったジェイソン・ボーンだったが、今回はとにかく可哀想。

やっとのことで手に入れた静かな生活。
でもその中でも毎晩悪夢にうなされて、記憶の断片に苦悩して・・・。
挙句の果てに、愛する人を奪われ、全く覚えの無い罪のために追われる事になる。
本当に踏んだり蹴ったりで、観てて辛かったです。

ストーリー、今回もまた難しかったです。
ボーンを狙ってた奴らは結局何者だったんだろ?
アボットと手を組んでたというのは分かったけど、奴らもCIAだっけ??
いかん、ここらへん記憶がすごく曖昧だわ(^^;)。

今回のジェイソン・ボーンはあまり派手なアクションしてなかったですね。
前作のようなキレのあるアクションがあまり観れなくてちょっと残念でした。
あ、でも逃げる時の動きは凄かったです。船に飛び降りたと見せかけて橋に登ったり。
どちらかというとアクションよりも、彼の頭の良さと回転の速さが全面に出てた感じでしたね。

後半のカーチェイスは見ものでした!
このシリーズは大きな高速道路とかじゃなく、街中でのカーチェイスが多いですね。
車で細い路地をムリヤリ走ったり。大きな道路より逆にスリルがあります。

最後のボーンとパメラの電話のやりとりと、終わり方はすごくセンス良くてカッコ良かったです。
次回作も作ってくれると良いなぁ。

ただ、映画的には前作の方が面白かったと思いますね~。
同じ監督が撮れば良かったのにと思う。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。