スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『ギルバート・グレイプ』

2005.12.25 *Sun
《あらすじ》
アメリカの田舎町エンドーラに住むグレイプ一家の長男ギルバートは、
知的障害を持つ弟の世話をしながら、寂れた食料品店で働いている。
母親は、父親が亡くなってから拒食症となり太り続けて今は外にすら出られない。
そんな状態の母や弟を守るため、ギルバートはこの町から離れられないでいる。
自分のしたいことや、楽しみを全て諦め家族に尽くすギルバートは、
ある日トレーラーで祖母と共に旅を続けている少女ベッキーと出会う。
自由で輝いているベッキーとの出会いが、ギルバートの心を徐々に変えていくのだった。

《感想》
ラッセ・ハルストレム監督の映画は前に『サイダーハウス・ルール』を観ましたが、
この監督の映画はなんとも難しいんだよねぇ。文学小説のような映画。
単純なハートウォーミングなストーリーではなくて、なんか物悲しい雰囲気が漂ってる。
この映画でも、終始、切なく淋しい空気が漂ってる感じがしました。

こういう映画って感想書くの難しいんだなぁ(^^;)。
なんかとてもデリケートな作品だと思うので、ヘタなこと書けないし茶々入れれないし。
真面目に書こうとすると恐ろしく文章硬くなっちゃうし。
なんだか太宰治の本の感想を書くぐらい難しいぞ~(汗)。
ま、あまり力入れずに書いてみようか。

とにかく、母親と弟を守るために自分の楽しみを完全に捨ててるギルバートは、
観ててとても辛かったです。ベッキーに出会ったことでだんだんと変わっていくんだけど、
序盤の彼の瞳には光がなくて、疲れきった目をしてる。
ずっと抑えてた気持ちが爆発して、アーニーに初めて手を上げてしまうシーンは本当にすごく悲しかったです。ギルバートの気持ちがぐわーっと胸に迫ってくるシーンでした。

でも彼はベッキーと出会うことで変わっていくんですね。
アーニーを殴ってから、黙って家を出て車で町境まで出て、また戻るというシーンは
ギルバートの心情をすごくよく表してて名シーンだったと思います。
最後の母親との言葉のやりとりも、やっとギルバートと母親の心が通ったんだと思わせてとても感動的でした。

最後の展開は、結構意外だったんですけど、でも希望を感じさせる温かいラストでした。

この映画はとにかくジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオの演技が最高でした!
本当にジョニーは、今更だけど改めて名優だなと再確認。細かい表情とか、目の動きとかでギルバートの感情がすごく伝わってくるもんなー。素晴らしいです。
アーニー役のレオナルド・ディカプリオは助演男優賞を受賞したんですね。
93年の映画なので凄く若くてまだ少年という感じで、今まであまり好きな俳優さんじゃなかったんですけど、これを観たら凄い俳優さんなんだと思い知らされました。

静かでどちらかといえば地味な映画だけど、ギルバートの、
弟や母をなんとしてでも守ろうとする姿からいろいろなことを考えさせられる味わい深い映画です。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。