スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『みんなのいえ』

2006.03.09 *Thu
三谷幸喜さんの監督・脚本2作目の映画です。
ご自身のマイホームを建てた時の経験がもとになってるらしいですね。

《あらすじ》
オシャレなマイホームを建てる計画をしている飯島直介と民子。
民子は大学の後輩で、現在インテリアデザイナーとして働く柳沢英寿にデザインを依頼。
そして大工である自分の父親、長一郎に建築を依頼するのだった。
しかし、若い柳沢と長年現場を経験している長一郎はことあるごとに衝突を繰り返してしまう。
理想が正反対の柳沢と長一郎・・・。やがてトラブルはどんどん大きくなっていく。
果たしてマイホームは無事に建つのか?

《感想》
『ラヂオの時間』から4年後に製作されたこの映画。
キャストは見覚えのある人ばかり。
主人公はココリコの田中さんということで、失礼ながら「演技大丈夫なのかな?」と思ったんですけど、
冴えないぱっとしない旦那さんっぷりが見事にマッチしてましたね(笑)。三谷さんを彷彿とさせるような頼りなげな感じが。

前作同様、今作も派手な事件が起こるわけでもなく、
本当に、マイホーム建築というただそれだけをテーマにした映画。
ドラマのような舞台のような、映画のような。三谷作品独特の空気感をやっぱり感じました。
少し退屈でもあるんだけど、なんか居心地が良いんだよねぇ。
熱い日本茶とみかんを食べながら観たい感じ(笑)。

柳沢役の唐沢さん。『THE 有頂天ホテル』の彼を観た後なのですごいカッコよく見えました(笑)。
自信満々で情熱があってギラギラしてる柳沢英寿のキャラはすごく立ってました。
長一郎役の田中邦衛さんとの掛け合いがとにかく見ものでしたね。
この二人のケンカはほんっと見てて面白い。お互い頑固だから全然話が進まなくてね。

特に頑固オヤジな邦衛さんがおかしいのなんのって。
「玄関はよぉ外開きって決まってんだよぉ・・・。」って、絶対モノマネしたくなります!
あと焼き肉屋のシーンで、孫にキューリとニンジン鼻に突っ込まれる邦衛さんは爆笑もんです。
とにかく映画の笑いの半分は邦衛さんが持っていってますね(笑)。

この映画もまたチョイ役ですごい俳優さんたちがたくさん出てきます。
特に要所要所で出てくる中井貴一さんのミニドラマはツボでした。
あと神主役で香取くんも出てましたね(笑)。変な動きで目立ってました。

のほほんとしたコメディ映画ではありますが、柳沢さんの心情とか長一郎さんの思いとか、とてもきちんと描かれてました。
柳沢さんの苦闘する姿には、男の人ならとても共感できるだろうなぁと思う。

ラストも気持ち良く爽やかで、ハッピーになれる映画でした(^^)。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。