スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『戦場のピアニスト』

2006.03.29 *Wed
第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。
実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験に基づいた物語です。

《あらすじ》
1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツが攻め入り街はドイツ軍に占拠されてしまう。
ラジオ放送でピアノ演奏をしていたシュピルマンだったが職を失い、
家族や大勢のユダヤ人と共にゲットー(ユダヤ人居住区)への移住を強いられる。
やがてゲットー内のカフェでピアノ演奏をするようになったシュピルマンだったが、
それも束の間、家族と多くのユダヤ人は強制収容所へ向かう列車に乗せられてしまう。
しかし、ただ1人列車に乗ることを逃れたシュピルマンは、なんとか生き延びようとする・・・。

《感想》
久しぶりの戦争映画でした。苦手なジャンルなので、滅多に観ないんですよね。
今回、やっぱり苦手だなと再確認しました。
得るものも大きいのだけど、観てる間が辛すぎて・・・。

こういう映画を観ると、ほとほと人間という生き物が醜く感じます。
ドイツ兵の行動は同じ人間とは思えないほど残虐で冷酷で、寒気がします。
観ていてガーン!と頭を殴られたようなショックを受けるシーンがいくつもありました。
目を覆いたくなるシーンもたくさん。

作り話ではなく、本当に実際に起こった事実なのだと思うと、余計に衝撃的だ。
この映画は、派手な演出がなく、事実だけを淡々と描いてるようで、
「本当に起こった事なんだ」という強く厳しいメッセージを感じますね。

人間の持つ残酷な面をまざまざと見せ付けられるわけですが、
同時にシュピルマンのとにかく生き延びようとする姿に、月並みな言葉だけど感動します。
シュピルマンを演じたエイドリアン・ブロディの演技が本当に素晴らしかった。
あの瞳から、深い深い哀しみが痛いほど伝わってくる。

そして、ドイツの将校。出番こそ少ないけど、物凄い印象的でした。
あれほど残虐なドイツ兵の中にも、きっと彼のような人が幾人かはいたんだろうなと思わせます。

人は、一人だと優しくなれるのに、なぜ集団になると豹変してしまうんだろう。
戦争は本当にいろいろなものを破壊するんだなと、強く感じました。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。