スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『UDON』

2007.10.28 *Sun
ちょっとお久しぶりの映画レビューです。
書こう書こうと思いつつ、だいぶ日が経ってしまったので正直うろ覚えです(^^;)。

映画公開時によくテレビで予告編を観てましたが、うどんの話だけで映画になるのか?
とかなり疑問というか、心配しておりました。余計なお世話だと思いますけど(笑)。

でもやっぱりどうでしょうバカとしては、“四国のうどん”には食い付いてしまうわけで。

感想はですね、予想以上に面白かったです!
うどんだけで映画になってる!!ある意味びっくりしました(笑)。
脚本がすごく良かったと思います。
何の変哲もない、ただうどんがブームになってだんだんと下火になっていく・・・という
ストーリーなんですが、観てて飽きないし眠たくもならない。
そこがすごいなぁと。

本広克行さんが絡んでた覚えはあったんですが、監督だったとは知らなかったです。
彼の独特のセンスがあってこそ、これほど面白い作品になったんじゃないかと。
大好きな『スペトラ』にも通ずるヘンテコさが随所に光ってました。
キャプテンうどんとかね。最たるものですね。

そしてキャスト陣。これがまた、皆さんとても良かった。
特にユースケさんは前の日記にも書いてる通り、好きな俳優さんです。
ばかでかい夢を見てアメリカに飛び出して、見事に夢破れて故郷に帰ってきた情けない男。
もうピッタリなハマり役。
おちゃらけた不真面目な感じが、とにかく可笑しくて。実際いそうだなぁという男。

トータス松本さんも良い味出してましたね。
別にファンというわけではないんですが、たまにドラマとか映画にひょこっと出てる
トータス松本さん、なんか好きなんです。
笑顔がいいんですかね~。飾らないホント普通のおっちゃんなとこも感情移入しやすくて。

終盤、ウルフルズの曲を香助と庄介が歌うとこがあるんですが、あれは凄く良いシーンです。
本人が役として自分の曲を歌う、ああいうニクい演出大好きなんですよね。
バックで流れる底抜けに明るいウルフルズの曲が、逆にうどんブームがだんだんと消えていきかけている切なさを引き立てていて、胸につーんと来るような感じがしました。

そのほかにも、我らが大泉さんや森崎さんも出ていて、とても嬉しかったです!
四国のうどんといえばどうでしょうさんですからね。

良い意味でとても地味な映画だとは思いますが、個人的には大好きです。
“うどん”という一本の筋は通しつつ、いろいろなものが込められていて。
いっぱい笑った後、じわ~っと涙が溢れてきて、また笑顔にさせられる映画。

観終わった後、温かいうどんのだしをずずぅ~っと飲み干したような気分になりました。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。