スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『アイ・アム・レジェンド』

2008.01.08 *Tue
観に行ったのは昨年の12月半ばなのに・・・また感想書くのサボってました。
あー!もう、観終わったときの余韻がほとんど消え去ってます(TT)。
ほんと、すぐ書かないとダメですね。

今年からは何が何でも3日以内に書くことを鉄則としたいと思います!!

そんなわけで、だいぶ間が経ってしまったのですが一応書きとめておくことにします。


ネタバレには気を付けてますが、これから観る方は読むべからず!!です。
観に行ったのは12月19日。
一人で見るのは恐かったので(笑)、兄を誘って行きました。

観終わってすぐの感想は、とにかく「恐かった!!疲れた!!!」。
少し経ってから「凄かった・・・!!」という感動がぶわぁっと押し寄せてくる感じでした。

正直、ウィル・スミス主演なのでそこまで恐くないだろうと、勝手なイメージを抱いてました。
そんな甘い予想を裏切って、想像していたよりもはるかに恐かったのです。
始まって数十分で「うわー、やばい!帰りたい!」と思い始めました(^^;)。

超がつくほど恐がりなわたしにとっては、これが映画館での初ホラーでした。
映画が始まってしまった以上、もはや逃げ場なし。観るしかない。

そんなわけで終始、体に異常に力が入ってたせいですんごい疲れました。
寿命も3年ぐらい縮んだ感じです。


さて、そんな恐さに耐えつつ観たこの映画、非常に面白かったです。
恐さに耐える価値ありです。本当に。

ただただビビらせるだけのホラーでは全然なくて、本当に重厚な骨太な作品でした。

何と言ってもウィル・スミス。
ほとんど彼の一人芝居なわけですが、素晴らしかった!
ウィル・スミスというとこれまでのユーモラスでおちゃらけたキャラクターのイメージがありますが、全く違った正反対のロバート・ネビルという人物を見事に演じ切ってました。
ウィル・スミスってすごい!!と心底感動しましたね。

そしてもう一人(一匹)の主役と言っても過言ではないサム。
彼も本当に素晴らしかったです。助演男優賞をあげたいぐらい。
サムのシーンで号泣したのは言うまでも無いですね。

出演者が一人と一匹だけでどうやって話を進めていくんだろう?と思ってたのですが、
全然退屈することなく、グイグイと引き込まれていきました。

ネビルとサムにとっての最大の脅威、ダーク・シーカーズは文句なしで恐かった。
元は人間なんだと感じさせる生々しさが残っているのが逆に恐い。
建物に入ってしまったサムを追ってネビルが進入するくだりが、
もしかしたらこの映画の中で一番恐怖を感じたシーンかもしれないです。

懐中電灯で一瞬照らし出されるシーンでは本気で悲鳴を上げちゃいそうになりました。
暗闇が本当に恐くて恐くて、しばらく夜外出れないなぁと思いましたね。

ビクっとさせる恐怖と、じわじわと押し寄せてくる恐怖と、奴らの中にある人間っぽさへの恐怖。
いろんな恐怖を感じさせられる映画でした。
何よりもゾっとしたのはやっぱり、奴らが“賢い”ということ。たまらなく恐い!!


正真正銘の絶体絶命な状態で、たった一人で解決策を探求し続けるネビル。
心底格好良かった。

絶対に映画館で観てこそ価値のある映画だと思います。
本来ホラー嫌いなはずなのにここまで誉めたくなるのだから、凄い映画なんだと思いますよ。

2007年を締めくくるにふさわしい映画でしたね。
今年もこれぐらい衝撃的な映画に出会えたら良いなぁ!!


ただ、すごい余韻に浸ってるのにエンドロール中ずっとぺちゃくちゃ喋ってたカップルが
非常に、非常に!!鬱陶しかった。しゃべるんならさっさと外出ろや!!と。
なんかもう、ウィル(ネビル)に申し訳ないですよ。まったく。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Take it easy! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




プロフィール

里空(りく)

Author:里空(りく)
ようこそ!ご訪問ありがとうございます♪

映画と本とゲームをこよなく愛するインドア人間です(笑)。飽き性な性格ですが、『SUPERNATURAL』とJensen Acklesへの愛だけはまだまだ持続中!

2010年はマメな更新目指してがんばりま~す。・・・ま、マイペースにぼちぼちと、ね(笑)。














ブログ内検索




メールはこちらから↓

感想やツッコミなど大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。